はじめての方へ

私たちは繊維縫製資材を通じ創造する楽しさ、豊かさ、感動を歓びあうパートナーを目指します。〜糸1本から製品化までモノづくりのあったらいいなを実現するサポートをしています〜

ご挨拶

代表取締役 脇本康裕

株式会社 脇本商事

代表取締役 脇本康裕

繊維業、縫製加工業、流通業のプラットホームを実現し、それに関わる方が活躍できる環境、土壌をつくり提供することが私たちの使命です。

脇本商事の前身は昭和8年創業の脇本仕立店(縫製業)にはじまり、それ以来、縫製品に係わる事業を行ってきました。
脇本商事は、昭和41年より繊維・縫製副資材の販売を始め、縫製加工を中心としたものづくりに係わる資材の調達、安定供給に努め、地元の繊維縫製業界を支えてまいりました。
この数年では、製品加工の依頼が増加し培ってきたネットワークを活かして製品化まで行っています。さらに、一部の資材に焦点をあて、インターネットによる通販を開始し、お客様に喜ばれる商品、サービスの提供を心掛けています。
縫製加工業はとり立て目立つような業種ではありませんが、繊維品は衣、食、住という生活に密着したなかで様々なニーズがあり、お客様の要望も多種多様で日々その商品開発が行われています。そのようななか、弊社では糸一本から製品化までそのニーズにお応えできるようプロ集団として資材調達から情報提供、新たなサービスを社会に提供し、商品提供を通じて皆さまの生活が快適になるように貢献していきたいと考えています。
今後は、北海道の資源(人、モノ、事)を活かした事業ネットワークをつくり、繊維業、縫製加工業、流通業のプラットフォームを実現し、それに関わる方々が活躍できる環境、土壌をつくり社会に提供することを使命として様々な事業テーマに取り組んでいきたいと考えています。


社訓

一、約束を守ろう…信用と信頼は安心感を生み出し事業を安定させます

一、誠意を尽くそう…真心とおもてなしの心は顧客満足の向上につながります

一、熱い心を持とう…熱い情熱は行動を起こし、ビジョンを現実化します


脇本商事のクレド(信条)

クレド

私たちはクレドに表現された価値観を自分のものとして受け入れ、それに基づき判断、行動します。

顧客満足の向上

私たちは「顧客の立場」でものを考え行動し「自分がして欲しいこと」として客観的に問題を発見、解決し信頼を得ます。

社会貢献へのフォーカス

私たちは提供できる商品や情報・サービスの仕事の意味と成果を社会貢献へと結びつけ、自ら有している強みを生かします。

Win-Winの法則

私たちは価値のある商品や情報・サービスにより事業に関する全ての人と共に感謝、感動、幸福を共有します。

クレーム最優先

私たちはクレームやトラブルは成長させるためのシグナルとしてすばやく問題に対処し、最優先に取り組みます。

工夫と改善

私たちは「できない」ではなく「やり方」を考えます。発想や行動を変化、進化させ、さらに丁寧かつ工夫を加えます。

スマイル&コミュニケーション

私たちは笑顔の挨拶から始まり幸せを循環させます。共に笑い、喜び、理解し、認め、励ましあいます。

チームワークを大切に

私たちはチームワークを大切にして「楽しく」取り組みます。そしてメンバー個々人の価値観と存在を理解、尊重し互いの成果を喜びます。

自主と自立

私たちは自主性と自立心を持って仕事に取り組みます。そして自ら仕事の責任範囲を広げ「自分自身」が何をすべきか進んで考え実践します。

感謝と感動

私たちはもっと喜びや感動を与えるために出来ることはないか考えます。それを楽しくやりがいのある仕事として感謝を得ます。

自己成長と挑戦

私たちは仕事やスキルに対し自分自身でその機会をつくりだしてチャレンジし、そこから生まれた沢山の経験により成長させます。


▲ページの先頭に戻る